外壁塗装の流れについて |コラム| 愛知県一宮市 西一宮駅【株式会社建築工房sakura】

MENU

COLUMNコラム

外壁塗装の流れについて

2022.06.01


外壁塗装には、どのような工程があるかイマイチ把握できていない方も多いのではないでしょうか?
これから、外壁塗装を検討している方は、一通りの流れを把握することをおすすめします。
今回は、外壁塗装の流れについて解説させていただきます。

▼外壁塗装の流れ
外壁塗装の流れを下記にてご紹介させていただきます。
気になる方は、一度ご参考にされてはいかがでしょうか?

■近隣住民への挨拶
外壁塗装を行う際、塗料の臭いや隣の家に塗料が飛び散る可能性があります。
トラブルを避けるためにも、挨拶回りをまず行います。

■工事に必要な足場の設置
外壁塗装を安全に進めるため、足場の設置が必要です。
足場を設置する際、大きな音がする可能性があるため、注意しましょう。

■高圧洗浄で汚れの除去
高圧洗浄で塗装箇所の汚れや埃、剥がれかけた塗料の膜を除去します。
汚れなどが残っていると、仕上がりに影響が出るためです。

■下地の処理
ひび割れや錆などの劣化部分を補修する必要があります。
下地の処理が不十分だと、綺麗に仕上がらないからです。

■塗装前の養生
塗装前に塗料や汚れなどが付着しそうな箇所を養生シートで覆います。
窓ガラスを養生シートで覆うと、外壁塗装中は窓を開けられません。
換気したい場合は、事前に塗装業者に伝えましょう。

■塗装作業
養生を行った後、下塗り・中塗り・上塗りの順で塗装を行います。
最低でも3日かかります。
築年数や建物の状態によって、外壁塗装にかかる時間が変わるので、注意してください。

■点検作業
塗装が終わったら、仕上がりの状態や塗り残しの有無、周囲に塗料が飛び散っていないかなどをチェックします。
皆様も点検作業に立ち会うことになります。

■足場を解体して完了
足場を解体し、外壁塗装に使った道具を片付けたら完了です。
解体時に大きな音がする可能性があるので、注意しましょう。
解体した後、敷地内の清掃も行います。

▼まとめ
外壁塗装は、近隣住民への挨拶をはじめ、必要な工程がいくつも存在します。
建物によって、外壁塗装にかかる日数が変わります。
また、トラブルを避けるためにも、近隣住民に配慮しましょう。
「株式会社建築工房sakura」は、一宮市で注文住宅や外壁塗装などに関する相談を受け付けています。
外壁塗装について何か気になることがある方は、一度お問い合わせください。

CONTACT
お問い合わせ

小さな修繕工事から注文住宅まで住まいのこと、なんでもご相談ください。

ショールームはコチラへ

SNS

Back to page top